淫妖蟲の性描写


妖魔と男性に輪姦されている水依。
目に生気はないあたり、もうかなり快楽に溺れている模様。
彼女は御崎によりすっかり開発され、特に乳首が敏感で仕方がないようです。
スチルだと二人しか男性が写っていないのですが、どうやら他にも数人いるらしいです。
好奇の目や性欲ギンギンな目で見つめられるたび、内側からゾクゾクしてたまらない水依。
そんな乱れ、堕ちてしまった水依を見てしまったヤマト。
自分の中の水依が崩れていくのを感じ、絶望と混乱が入り交じります。
その時、ヤマトの背中を妖魔の触手が貫きます。
大量の血を吐き体に力が入らないヤマトは、御崎に頭を捉まれずるずると、水依の前まで引きずられます。
す、すごく嫌な予感しかしない…。
ヤマトの声に反応した水依は、焦点の合わない目でヤマトを見、
「ああ…助けに来てくれたんだ…」とぼやきます。
夢の中でヤマトに触れようとしても消えてしまうと、意識がはっきりしないまま涙をこぼしながらぽつぽつと伝える水依。
やはり彼女の中ではヤマトの存在はとても大きいものなんですね…。

▼▼淫妖蟲 禁 ~少女姦姦物語~の無料登録は下記をクリック▼▼
PC専用ゲーム
淫妖蟲の性描写
↑ 無料登録でプレイするのはこちら ↑




▼▼淫妖蟲(いんようちゅう)の無料登録は下記をタップ▼▼
スマホ専用エロゲー
淫妖蟲 性描写
↑タップしてスマホで淫妖蟲をプレイ↑


淫妖蟲 禁 ~少女姦姦物語~ とってもエッチな性描写


水依は傷ついてるヤマトを見、彼を触ろうと手を伸ばします。
その伸ばした手にヤマトは大量の血を吐いてしまいます。
それで正気が戻った水依。

水依はヤマトを助けてほしいとお願いするも、御崎はヤマトをおもちゃ扱いし助けようとはしません。
そりゃそうだ。
水依は涙をぽろぽろとこぼしながら、自分が汚れているからヤマトちゃんに触れない、と謝ります。
乙女の純潔を、ヤマトに捧げたい処女を御崎に取られたもんね。
つらいよね。

すると御崎は、水依の方をつかみ触手の群れへと再び放り込みます。
「香山さんがどれくらい淫乱な雌猫か、大好きな『ヤマトちゃん』に見せてあげればいい」
と触手に足を開かせ、意識朦朧とし命ももうすぐ終わりそうなヤマトちゃんに見せつけます。

最後に見たのが女の子が輪姦されてる所ってもう…死んでも死にきれないわ…。
水依は言葉とは裏腹にやはり身体は素直になってしまったようで、乳首もビンビンになってしまうあたり雌猫ですね…。